腹腔鏡手術ページを更新しました

わんちゃん、ねこちゃんの避妊手術について手術は怖いし、痛そうだから可哀想と悩まれる飼い主様は多いと思います。

避妊手術によって将来的に予防できる病気(子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、前立腺疾患など)がたくさんありますので、私たち獣医師の立場からは避妊手術、去勢手術を推奨していますが、飼い主様にとっては難しい決断だと思います。

多くの動物達にとって手術を受けることは一生に一回。

しかも不妊手術は健康な状態で受ける手術です。

動物たちの身体への負担の少ない、痛みの少ない不妊手術を行うために、当院では腹腔鏡手術による避妊手術を行っています。

詳しくは下の「腹腔鏡での避妊手術」をクリックしてご覧ください(手術写真も含まれますのでご了承の上、ご覧ください)

腹腔鏡での避妊手術